安く済ませたい

キッチンから見たリビングルーム

不動産会社を利用して賃貸物件を借りる場合には仲介手数料が発生するのが一般的です。法律上は借り手と貸し手のそれぞれから家賃1ヶ月分の50%の金額までを仲介手数料として不動産会社が貰い受けることができます。また、合意のもとであれば、借り手又は貸し手から最大で家賃1ヶ月分の100%までを貰い受け、合計で家賃1ヶ月分までの範囲とすることができます。 実際には借り手から仲介手数料を家賃1ヶ月分貰い受けていることが一般的でした。しかし、この法律に関する認識が高まってからは仲介手数料を家賃一ヶ月分の50%とする不動産会社も見られるようになりました。 ただし、不動産会社が所有している物件については仲介手数料無料となっています。

賃貸物件を借りる際の仲介手数料についての認識が一般的に広まりつつある影響を受けて、扱っている全ての賃貸物件を仲介手数料無料とする不動産会社も見受けられるようになってきています。しかし、現状としては家賃一ヶ月分を貰い受けるという形が一般的であり、それに続いてその50%を貰い受ける不動産会社が多いと言えるでしょう。 しかし、空室対策として家主が負担して仲介手数料無料とする物件も散見されるようになってきています。また、借り手側も家賃交渉を行う中で仲介手数料無料にして欲しいという交渉を行うようにもなってきており、仲介手数料が家賃一ヶ月分やその50%というのもそのように提示されているだけであって流動的になりつつあります。